スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

チャーリーとチョコレート工場

►2006/03/10 11:57 

なかなか更新できませんでしたね^^;
親類に不幸がありましたので、その事でここ1週間程、PCの前に座る時間どころか我が家に帰る時間さえなかなか出来ませんでした。
私はずっとエプロンを付けて、掃除や片付け、接待に走り回り、悲しみに浸る時間も持てないくらい忙しかったです(従姉妹もですけどね)
田舎なので、その身内独特のしきたりもあったりして・・・^^;
伯父はもう88歳だったので、覚悟はしていたのですが・・勝手な話ですが、「大丈夫」と勝手に思い込んでたりして・・。
私も従姉妹もバタバタしていたお陰で少し気分が軽くはなっていたのですが、今、毎日の様にしみじみと思い出話なんかしてます。

ごめんなさい^^;いきなり暗い話で。
そんな沈んだ気分の中、待ちに待ってたDVDが届きました^^v
「チャーリーとチョコレート工場」
原作を読んでいたので、「早くDVDになれ~~!」
っと思っていたのです。
他にもどうしても欲しいDVDがあったので、一緒に注文。
他のDVDが在庫が無くって取り寄せだったので、
1週間ほど待っていたのです。
見た感想ですか?
「とっても良かったし、面白かったし、お勧め(*^^*)」
原作自体もとても好きなので、どんなのになるかな~って思っていたのです。
ウォンカ氏がジョニー・デップと聞いた時は一瞬。
「え?若すぎない??」って思ったんですが、よ~くよく考えてみたら、「やっぱ彼にぴったり」DVD見ても、「彼しかいない!」って
思いました(私の勝手な思い込みですが^^;)
ジョニー・デップさんは「シザーハンズ」を見て、とても印象的な演技をされる方だったので、とても好きな役者さんの一人です。
娘は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の彼が好きなんですけどね。
ウォンカの彼もお気に入りになりそうです(笑)
原作とは少し違う内容になってはいますが、子供たちと一緒に楽しむならこっちの方が好きかも。
でも原作を書かれたロアルド・ダール氏の作品はご本人も仰ってらっしゃったかしら?「親が少しまゆを潜める」作品なのかもしれませんが、
私自身はとても好きです。心の底から笑えるし、本能で何が大切か解る気がする本です。今回映画になった以外の本も面白いですよ。chocoletekoujyou

<良かったらクリックして下さいねm--m。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

booksComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。